痛かった頭も、昨日しっかり休んだので治りました。
風邪ひいたり、おなか壊したりすると
楽しいはずの旅行も台無しになっちゃうからね。

さて、居候先のジョンは国連ボランティアで
カイチュアー・フォールの専門家です。
カイチュアー・フォールというのは、滝です。
自称「1段の滝では世界最高落差の滝」です。
でもきっとハッタリです。

そんなガイアナで一番の観光スポット、カイチュアー・フォールをめぐるツアーを、
ジョンは私の知らない間にちゃんと手配してくれて、
しかも、オリンドゥーク・フォールという別の滝までセットの完璧メニューを用意してくれました。
なんてすばらしいんだ!!
ジョン、万歳!!(←韓国人なのでマンセーと読んであげてください)

てなわけで、朝早くから家の前まで中古トヨタ車が迎えにきてくれて、
国内線の空港まで送ってくれました。
いっしょに行くというカナダ人の女性と簡単にご挨拶。
白人さんはみんな体中蚊に刺されまくっているのに、気にしないご様子。
ビョーキとか怖くないんでしょうかね?

10人乗りほどの小型セスナ機に乗って飛行機にゆられること1時間あまり。
まわりはうっそうとしたジャングルですが、そこに突然カイチュアー・フォールは現れました。

ジョンの事前レクチャーによると、
カイチュアーの「カイ」というのは、滝の近くに住んでいた村長の名前だったそうです。
「チュアー」というのは、住むところ、家といったところで、
カイチュアーは「村長の住処」といった意味だそうです。

昔、カイチュアーの周りで2つの村が抗争をおっぱじめ、
お互いを憎しみあうような時代があったそうです。
その状況を悲観した村長カイが、
「自分が死んだら、二つの村はもう一度仲良くなれるんじゃないか」と考えて、
カイチュアー・フォールで自殺したんだそうです。
「たぶん、ボートに乗ってそのまま落ちたんじゃないかな」とジョンは言っていました。

カイチュアーは、滝を見るのも一興、まわりの自然を見るのも一興です。
飛行機がカイチュアー国立公園に到着すると、ナショナル・パークのスタッフが登場して、
観光客ご一行様を引き連れて1時間弱のハイキングに出かけました。
このスタッフがかなりの植物通で、
そこらへんにある植物を指差しては
「これは○○という植物で、こんな風にして食べるんだ」とかいう説明をしてくれます。
いっしょに歩いていて飽きないひとだなぁ、と思いました。

カイチュアー・フォールでは、滝を遠くから攻めて、順に近づいていきました。
最後は滝の上まで行って休憩です。
滝の上の水はとっても穏やかに流れていて、
あるところで突然落ちていくので、対照的で余計怖いです。
ビビリなのでがけ近くには近寄れませんでした。

その後、みんなが満足したのを見計らって飛行機に戻りました。
今度はオリンドゥーク・フォールに向けて出発です。

小一時間フライトしてたどり着いた滑走路は土製でした。
「え゛ーーー、まさかここに着陸しないよね!?」ってところに着陸しました。
サバンナの真中、見渡す限り空な場所です。

オリンドゥーク・フォールは、ガイアナとブラジルの国境に位置しています。
段段になっている滝は、カイチュアー・フォールより断然きれいです。
水は茶色ですが、衛生的には大丈夫なので、
泳いで見ることにしました。
昨日ジョンが「水着もって行きなさいよ」といってたので、とりあえず持ってきた水着はさっそく役に立ちました。

オリンドゥーク・フォールの近くにはアメリインディアン(原住民)の村があって、
その子供たちが遊びにきていました。
「おいおい、学校はどうなっているんだ!?」と思ったのですが、
こんなところで学校もくそもないかと思っちゃいました。

イギリス人パイロットの安定感のあるフライトでジョージタウンに帰ってきたのは
夕方5時過ぎ。
これこそ、ガイアナの「見とかなきゃ」的ポイントだったので、
大満足です。
フライト中は爆睡でしたが、最後は服操縦席に乗せてもらって帰ってきました。

10人乗りの小さな飛行機ですが、
パイロットの腕がよかったのか、天候がよかったのか、
安定感のある飛行でぐっすり寝れました。
ジャングルを切り拓いて作ったんでしょうかね。
きちんと整理された町並みです。
ジャングルは上空から見るとブロッコリーによく似てます。
ブロッコリーがどこまでもどこまでも続いていくのをイメージしてください。
それが上空から見たジャングルです。
こういった名もない滝も、看板を立てて宣伝したら観光地になるんでしょうね。
不思議なもんだ。
ちょっとピントがずれていますが勘弁。
緩やかに流れてきた水が突然、落ちています。
しかもかなりの落差です。
人間なら確実に死にますね。
ちょっと角度を変えて。
カイチュアー・フォールのまわりの地盤は岩や土になっています。
そこに木が生えて、森になっているわけです。
植物って強いなぁ。
ここは一応まともな滑走路でした。
でも管制塔もなければ、待合所もない、滑走路だけの場所です。
今回の参加者は、カナダ、日本、イギリス、アメリカとさまざまです。
ガイアナ人はカイチュアーには高くてこれないそうです。
今回はUS$210でした。
オリンドゥーク・フォールと込みの値段なので、まぁ、相場です。
なんだかよくわからない植物ですが、
ナショナル・パークのスタッフは
「これは蚊よけになったり、毒として使うんだよ」といった説明をしていました。
さっきの植物をアップで撮ったものです。
これが最終形態なのか、それともこれから大きくなるのか不明な植物です。
こんな背の低い植物と、やしの木みたいな背の高い植物とが
森を埋め尽くしていました。
何の花かは知りません。
だれか教えてください。
この中に後で出てくるゴールデン・フラッグ(金色のかえる)がいます。
びっくりな高低差です。
おんなじ写真
一瞬一瞬でけむりの位置がどんどん変わって、
曇ったりはれたりしているのがわかります。
あんまり身を乗り出すと怖いです。
もう、いいですか?満足ですか?
高画質で撮影。
山がお互いに遠慮しながら立っています。
河の水は茶色いながらどんどん流れていって、
人間はちっぽけに見えます。
「8フィート以上がけから離れてください」だそうです。
言われなくても離れていますよ、と思ったら
カナダ人女性はがけに腰掛けていたのでびびりました。
死にますよ!あんた!!
花の名前はぜんぜん知らないので、
興味のある人だけ見てください。
ちょっと歩くと立ち止まって、また説明。
おかげで退屈しないですむし、休めるしで、よかったです。
こんな感じのジャングルの中を歩いていきます。
前のおじさんはガイアナ人で、いまはカナダで働いているんだそうです。
スタッフにたくさん質問して、
「この葉っぱ子供のころ食べた」とか「これ、○○っていう料理に使うやつでしょ」といって盛り上がっていました。
ちっさい花でした。
羽が目のようで怖いですね。
捕食されるのを防いでいるんでしょうか?
スタッフいわく、
「この赤いのは、花のように見えますが実は葉っぱです。」
だそうです。
とりあえずもう一枚撮ってみた。
カイチュアー・フォールのすぐ近くに咲いていた花です。
小さいけど群生していました。
おんなじ花です。
こうやって撮ると高山植物みたいですが、
カイチュアー・フォール周辺もかなり蒸し暑かったです。
金色のかえるです。
若いときはそんなに金色ではなくて、
年をとるごとに金色になっていくそうです。
人間もそうであるといいですね。
トンボをみると撮ってしまう習性が…
この突起部分は、一部分だけ飛び出ていて、
下はがけです。
かなり恐る恐るで撮影しました。
これ以上向こうにはいけません。
怖すぎです。
怖すぎるのでもう無理です。
すごくゆっくりと穏やかに流れているんですよ。
でも、あるところでプッツリと切れてしまって、
その後はひたすら落ちるみたいな。
水はやっぱり茶色です。
これが透明だったら絶対もっと観光客がくるのに、
残念!!
穏やかでしょ。
背中が赤、青、赤のきれいな色をしたクモでした。
かなりカメラを近づけて撮ったのですが、
毒グモだったら大変でしたね。
この鳥は見るのがすごく難しいそうで、
今回は幸運にもかなり遠くにチラッと見えました。
FZ2の望遠を最大にして、やっと撮れましたが、
ほかの人のカメラでは追いきれなかったようです。
さすが光学12倍!
オリンドゥー・フォール空港です。
滑走路は土です。
空がとってもきれいで、日も強く、
とってもすがすがしい気分になりました。
カナダ在住のガイアナ人とアメリインディアンです。
アメリインディアンはけっこうアジアな顔をしています。
飛行機が止まっているのは滑走路上です。
でも滑走路はサバンナの中の、ただの土です。
ちょうど、子供を水浴びに連れてきたところでした。
カイチュアーよりも格段にきれいです。
何段も水が落ちていくのがなんとも幻想的。
滝の奥のほうまで行って、泳いじゃいました。
足をとられたら最後、したまで流されるので、
かなりふんばりながら滝に打たれていました。
赤ちゃん、かわいいですねぇ。
どっから手に入れたのか、かなり古い服を着ていました。
この子供たちはみんな兄弟だそうです。
お兄ちゃんはおとなしくて、寡黙な感じでした。
みんな、観光客に警戒しているようで、
興味はあるけど、近づいちゃだめだ、みたいな感じで
遠くからしげしげと観察していました。
オリンドゥーク・フォールは結構山の中にあります。
広大な土地の中でも、
人間はどうしてか1個所に集まるようで、
本来狭いところ好きなんでは内科と思ってしまいます。
副操縦席に乗せてもらって帰ってきました。
まったくもってブロッコリーでしょ。
これが降りたらでかい木一本一本だといわれても、
スケールがつかめません。
用水路完備の砂糖畑です。
砂糖は今日でもガイアナの主要な輸出物です。
人口の9割は海岸沿いに住んでいます。
あれだけ広大な土地、雄大な自然を抱えていても、
なんでだか、人は小さく収まろうとしてしまうものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です