寝る間際に、ジョンが
「明日はどうするつもり?」と聞いてきたので、
「いや、何も予定がない」と答えると、
「えーー、そんなのだめよ、なんかしなくちゃ。
どっか行きたいところないの?」といわれました。

いやぁ、疲れてるから休んでいてもいいんだけどなぁ、と思いながらも、
「まあ、強いていえばニュー・アムステルダムかな」と答えてみました。

すると、
「ちょっと待って、ニュー・アムステルダムって言ったら、
ヨランダがいるじゃない。
あなたラッキーね、私がコーディネートしてあげる」と言って、
電話帳から仕事仲間の電話番号を探し当てて、
ヨランダと連絡をとりはじめました。
そしてジョンは電話口でテンション高めに会話しながら、
メモをとり始め、電話を切ったころには満面の笑みで
「予定、決まったわよ」。
親切!!!

そんなわけで、朝も早くから起きて、せっせと支度をして、
今日はガイアナ第二の都市、ニュー・アムステルダムに行ってきました。

ニュー・アムステルダムへは、ミニバス、フェリー、タクシーを乗り継いでいきます。
距離的には遠いのですが、
移動にはあまりお金がかかりません。

ジョンにもらった「ニュー・アムステルダムへの行きかた」というメモを見ながら、
ミニバスに乗って、ボーっとしてたら2時間ぐらいして
ニュー・アムステルダムの対岸、バービスにつきました。

ミニバスを降りるときに、どうしたらいいのかわからないでいると、
いっしょに乗っていたおじさんが
「こっちにこい」といってやり方を全部教えてくれました。
このおじさんは、むちゃくちゃなまった英語を使っていたので
まったく聞き取れなかったのですが、
何度も何度も聞き返して、やっと意味がわかりました。

おじさんの名前はホッセウと言って、
「俺はガイアナ人じゃなくて、外国からきたんだ」といっていました。
国名は忘れましたが、途上国だった気がします。

ホッセウのおかげで、怪しいタクシー運ちゃんに引っかかることもなく、
ミニバス運ちゃんにさらわれることもなく、
無事にバービス河を渡り、ニューアムステルダムにつきました。
その後も、ホッセウのおかげでスムーズに目的地までたどり着くことができました。

今回の目的地は「ニュー・アムステルダム病院」。
この病院は日本政府の資金援助で建てられたもので、
なんとこの日曜日に開業したばかり。
出来立てほやほやです。

病院で待っていると、ヨランダがくるはずだったんですが、
かなり長い時間待ってもなかなか来ません。
警備員は「そのうちくるさ」というだけです。
炎天下の中で、ずーっと待っているのはかなりしんどかったですが、
昼寝をしながら気長に待っていました。
なんていったって、ここはガイアナ。
ガイアナはのーんびり、時間なんて気にしないのさ。

ヨランダはかなりしてからやってきて、
「まだ仕事中なの、
いっしょに仕事の様子見に行く?」と聞いてきました。
行く、といっていっしょについていくことにしました。

ヨランダはガイアナ人の29歳女性で、ガイアナ大学を卒業後、
現在はナショナル・パークのスタッフとして、
病院の芝生を養成しています。

ヨランダとともに、芝生を刈りに、
さらに砂糖畑を横目にガイアナの町並みを車でドライブしました。

その後、きっとニュー・アムステルダムで一番のレストランに入って
お昼を食べました。
とってもまずかったです。
一応残さず食べましたが、心の中では
「あーーー、日本食くいてー」と連呼していました。

そして、食後にニュー・アムステルダムの新興住宅地をみて回って、
きた道を帰り、無事にジョンの家までたどり着きました。

一人で旅したので、かなり緊張しながらでしたが、
帰りにミニバスにさらわれそうになったのをのぞいては
いたって安全なたびでした。
でも、疲れて頭が痛くなってきました。

1月にガイアナを襲った大規模な洪水は、
首都ジョージタウンを少し離れるとその爪あとをしっかりと残していまいした。
ホッセウにつれられて、フェリーを待つ間、
この売店でコーヒーを飲んでいました。
こうやってみると栄えているように思いますが、
売店はこの3軒だけ。
ぜんぜん栄えていません。
フェリーは1時間に1本なのか、それ以下なのか、
なかなか来ませんでした。
フェリーで20分ぐらい乗っていると対岸につきます。
運賃わずかG$40(30円ぐらい)。
安い!!
対岸までは結構遠いです。
水は限りなくミルクティー色ですが、
場所によって濃さが違います。
こいミルクティーと薄いミルクティーです。
フェリーはぜんぜんゆれないし、快適でした。
ホッセウは
「ぐるっとみてまわって、写真とってきたら戻ってこいよ」といって、
待っていてくれました。
フェリー内を歩いていると、やっぱり「チャイニー」「チャイニー」と声をかけられ、
みんなの視線が私に集中していました。
そんなに珍しいんかなぁ?
牧歌的な風景が広がります。
洪水の被害を受けなかったのか、
道路の状態は結構よかったように思います。
右の青やらオレンジやらの車がミニバスです。
お尻に番号がついていて、50番だったらジョージタウン-ハービス間を往復しています。
のどかな感じでしょ。
ホッセウの英語は聞き取りにくく、ほとんどわかりませんでした。
「何歳なの?」と聞くと、
「ファイティー・ファイブ」とこたえました。
55歳(フィフティー・ファイブ)だそうです。
うちのお父さんぐらいの年ですな。
フェリーから降りて、ニュー・アムステルダムにつきました。
港ではタクシーの運ちゃん、ミニバスの運ちゃんに取り囲まれましたが、
ホッセウが話をつけて、事なきを得ました。
そして、ホッセウとともに病院までいき、病院で別れました。
この病院は日本の資金援助によって建てられたもので、
ガイアナには似つかわしくない、とても立派な建物でした。
入り口には日本の国旗がたなびいていました。
「日本も、こういう形で世界の役に立てるんだな」と思いました。
黄色い服の女性がヨランダです。
病院の職員ではありませんが、病院を案内してくれました。
日本の貢献を高らかとアピールしています。
首都ジョージタウンよりはやはり田舎になっていますが、
家はたくさんありました。
ガイアナの人気メーカーはダントツでトヨタ。
ほとんどがトヨタ製の中古車でした。
用水路やら川やらの周りには大抵みちがあります。
ここの道には、壁に「PNCに投票してください」との落書きが。
政治的な色彩が強い町なんでしょうか?
用水路沿いの天然の芝生をホンダ製の機械で土ごと刈っていきます。
それを病院にもっていって、植えると、病院が緑になるという寸法です。
が、あいにくホンダ製芝刈り機は故障中。
結局直らず、本日の作業終了。
土地は余ってますから。
この右側に次の写真の砂糖畑があります。
なんだか、奴隷時代の名残のような
時代錯誤な風景が広がっていました。
砂糖をひたすら刈って、集めていました。
ヨランダの仕事仲間はみんなこのさとうきびみたいな物をかじりながら
仕事をしていました。
砂糖畑の反対側は湿地帯です。
湿地帯の向こうはサバンナです。
めまぐるしく風景が変わっていきます。
奥には野生の牛と馬がいます。
湿地帯に生えている木です。
水の中からニョキっと出ているのは、少し違和感がありました。
グジョグジョですね。
用水路を張り巡らせて、
広大な土地で砂糖を作っています。
機械を使えばいいものを、なぜか手作業で刈っていました。
はちがいたので撮影。
この後、ちょっと襲われそうになったけど、
叩いたら逃げていきました。
奴隷みたいでしょ。
ほったて小屋みたいなつくりですね。
塗装もしていなければ、蚊も入り放題。
どうやって生活しているんでしょうかね?
蚊には刺されないんですかね?
トンボを見ると撮ってしまう習性がありまして…
日本のトンボとは少し違うのかな?
絶えず心地よい風が吹いています。
暑いのですが、風のおかげで別に気にならないほどです。
ガイアナ人はラテンのようなテンションではありません。
落ち着いていて、どことなく暗いです。
道端で休んでいる人はしょっちゅう見かけます。
日本でこんな風に休んでいたら、
「ご気分悪いんですか?」と声をかけられそうです。
結局、ホンダ製芝刈り機は直らず、
あきらめてかえることになりました。
ニュー・アムステルダムの新興住宅地です。
砂糖畑の労働者を中心に、ここ10年ぐらいで建てられた家ばかりだそうです。
どこに行っても、水は茶色です。
ニュー・アムステルダムとジョージタウンの間には、
道路の両側にだけ家があります。
そして、ジャングル、サバンナ、ジャングル、家、ジャングル、みたいに景色がめまぐるしく変わります。
サバンナ(草原)です。
野生の牛やら馬やら、犬やら山羊やらがいます。
ジョンの家に戻ってくると、
近くの公園では若者がクリケットに興じていました。
イギリスの植民地であった名残はいまも残っていて、
クリケットはそのひとつです。
「おい! そのカメラで俺を撮ってくれよ」と呼び止められました。
ジョンのマンションの近くの人なので、
ガイアナ人ではない外国人かもしれません。
ジョンがイチオシする「ガイアナ一きれいな建物」です。
ブラジル大使館かなんかでした。
ガイアナの食事はおいしくありません。
もうガイアナ料理に飽きてきたので、夜はスパゲティーを食べました。
ここでもジョンは
「わたしにんにくが大好きなの」といって、にんにくをむちゃくちゃ入れていました。
ちょっとスリリングな一人旅立ったので、
疲れて笑顔もひきつり気味です。
なんにせよ、無事に帰れてよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です